FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ12年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

今日の山行きは休止

2016年8月14日(日)

こちらの地方、今年の夏は30℃越え無しと思ってましたが、9日(火)の日一回のみ越えました。
しかしお盆に入ると、当然ながら夏は終わりました。


話は変わって、私は季節を問わず何度かビバークを経験していますが、
本当の意味でのビバークは、最近のオロフレ山1回と、昔に2回くらいだったと思います。
その他の何度かのビバークは行動計画に含んでいたものです。

ほとんどのビバークは冬山ですが、記憶に残っている中で一番厳しかったビバークが、40年近く前の8月、お盆の時の山行でした。
二人で利尻山の仙法志マオヤニ沢から入り、目的の仙法志ローソク岩に挑んで跳ね返され、仙法志第2稜のマオヤニキレットに抜け、P2基部でツエルトを被りビバーク。翌日バットレスを登り北稜を下山。軽量化のため火気はなく、一晩中身体の内部から来る震えは、冬の低気温でのビバークとは違ったもので強烈でした。
8月のビバークをなめてはいけない、ひとつの経験でした。


さて、オロフレ山に紫のリンドウが見え出したら、山はもう秋ですね。




私の一番好きな山

“厳冬の利尻山”

東壁
バットレス
南稜
大槍
P1
P2
ヤムナイ沢
マオヤニ沢
仙法志ローソク岩
仙法志第2稜
仙法志第1稜

が美しい!

利尻山

<< 今日の山行きは雨天中止 | ホーム | 今日は夏だった来馬岳 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム