FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ラッセル 11月25日(日) 気温-3℃

時間帯通行規制になる前日にオロフレ山に向かいます。

3連休、天候が崩れなかったので、おとといのトレース利用を期待して7時にゲート着です。

視界は100mもありませんが、回復を望んで出発しました。

しかし、下山終了までホワイトアウトほどではありませんが視界は20m~100mでした。

そして今日もデジカメが不調です。(撮影直後確認すると良いように思えたのですが、PCに落とすとダメでした)

2枚だけ携帯で撮っています。




DSCF0049.JPG車をおととい除雪したスペースにデポし、雪面から1m位のゲート下をくぐって展望台に向かいます。



















トレースは残っていました。(ちょっと見づらいと思います)

10cmくらいの雪が乗っかっていましたが、おとといに比べると楽なもんです。













展望台到着です。(ゲートから2.4kmの距離です)

トレースのおかげでおとといより30分早く、1時間で来れました。

画像が悪いうえに視界も悪いです。











少しまともな画像です。

木立の中で多少暗いため良いのかも知れません。

夏道に入ってもトレースの跡が残っています。

ただ、積雪で地面が高くなっている分、雪が付着している潅木の枝が垂れ下がって、行く手をさえぎります。

雪の重みでおじぎをしている枝をピッケルで叩き、雪を落して進みます。

また、木々の中(トンネル状)をくぐったり、腰を落とし這ったりして進みます。




P1003です。

この木もP1003の目印にしています。















おととい撤退したキレット手前です。

前回の画像より悪く写っています。

正面に見える岩壁は視界が無く肉眼でも見えません。












小岩峰の真下からですが実際は右側にこのように位置します。

視界は20mくらいでしょうか。

ここから斜面のトラーバースを経てケルン台地に向かいます。











この画像は下山の時に下山方面を撮ったものです。
















P1062へ直登したいのですがまだ積雪量が足りないので、左を巻く夏道を忠実に辿るしかありません。

頂上とP1062のコル(1050コル)まではこのような垂れ下がった潅木の連続です。

雪を落としきれず、全身、雪ダルマになって進みます。











            デジカメ                        携帯

三角鉄板岩に着きました。
ここの直下は傾斜のきつい場所で、積雪が多いときはスノーシューを脱いで登りますが、今日のところは強引に履いたままの上り下りです。
画像は下山時の小休止の時に撮ったものです。
デジカメと携帯の差を比較するために撮って見ました。




頂上の携帯画像です。(デジカメ画像ほとんど白色でした)

天候が悪いときはデジカメのファインダーを覗いて撮るほうがアングルが決まって良いかなと思います。

視界が無いので右奥にある標識看板はかろうじて肉眼で見えましたが、画像ではまともに写っていませんでした。。

積雪は看板周辺でピッケルの石突の深さなので5cmほどです。

今時期、雪は風で飛ばされるほうが多いかと思います。

来年、3月末頃には1mくらいの積雪になっているはずです。






下山して来ました。

ゲート近くで振り返って撮ったものです。

トレースは降雪以外に地吹雪でも消えるので、何日残っているかな? です。

今日も下山時に浅いトレースは埋まっていました。











出発7時10分、頂上11時34分なので約4時間30分の登り、下山時刻が14時30分でした。

しかし、キレットまでのトレースがあっての所要時間です。

おととい、早く入山できたとしてもワン・プッシュでは今日の疲労度から考えて無理だったと思います。


今日の気温は高めのはず(下山時気温 0℃)ですが、行動中、体感温度は低めで帰りのカルルス温泉に入ると、体が冷え切っているのを感じました。

その原因として、汗で内部から濡れた上に、潅木帯の中でドサドサと雪を被りながら登ったため、首筋を含め外から濡れたためと思います。



さて、来週からはゲートが9時開きのため、夏道ルートは登別・壮瞥ルートに取り付けるまでのつなぎとして通うことになります。


<< スノーシュー&トレース | ホーム | 11月23日(土) 冬季夏道ルート  気温-7℃ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム