プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ12年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログサイト~2011.11.27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅漢岩耳岩まで

2017年2月26日(日)

天候不順でパッとしない今週だったが、今日もオロフレ山は好天が期待できなさそう。



2017-02-26_08-42-46.jpg
オロフレ山は全然見えないが、周辺の視界はまあまあ。

2017-02-26_10-02-54.jpg
今日のパートナーは室蘭RCCに在籍しているK氏。

2017-02-26_10-22-44.jpg
先週と同じルートを先週以上のラッセルで登る。

2017-02-26_11-32-52.jpg
太い木が出てきた所でアンザイレン。

2017-02-26_11-53-58.jpg
急斜面の新雪を落としながら、ブッシュ登りで耳岩が視界に。すぐ隣りのピナクルで後続をビレー。

2017-02-26_12-47-00.jpg
3mのスノーリッジを渡り...

2017-02-26_12-20-50.jpg
耳岩基部へ。

2017-02-26_13-06-14.jpg
耳岩のてっぺんの下降支点が不明なので登らずにピナクルから下山。

2017-02-26_13-38-36.jpg
足元から厚さ10cmほどの表層がサワサワと落ちるが危険度無し。



さて来週はどこに入ろうか?


<< 中島 健朗氏の講演 | ホーム | 羅漢岩下部をウロウロ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。