FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

スノーシュー&トレース

◆スノーシュー

登山を復活した時から山では接地面の大きなスノーシューを使用しています。
スノーシュー使用の理由は明解でスキーが下手なためです。
人があまり入らないこの山で単独登山のうえ、下手なスキー技術で下山中に怪我でもしたら即、救助要請になります。
昔はアプローチの手段としてスキーは必需でしたが、今はスノーシューという存在が役に立っています。

◆トレース

山は全てが登り(上り)ではなく、アップ、ダウンの箇所もあります。
スノーシュー、つぼ足のラッセルで、ルート上のダウン部分では単純に足を送り出しません。
往きはヨイヨイ帰りはコワイ(疲れる)からです。
往きのダウンは帰りの上りになるわけで、下りでつい、大きくなる歩幅を意識して小さく取ります。
終始、単独の山行きでは帰路も忠実にトレースの歩幅を利用するので、上りの小さな歩幅は疲労している身体をやさしく下山に導いてくれます。


DSCF0049.JPG

<< 冬時間始まりのオロフレ山へ 12月01日(土) 気温-4℃ | ホーム | ラッセル 11月25日(日) 気温-3℃ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム