プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ12年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログサイト~2011.11.27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は羅漢岩耳岩の左側を

2017年3月5日(日)

季節が春めいてきた感じがする、今日この頃。



2017-03-05_08-41-28.jpg
平地で雪が降ってなかったので、オロフレ羅漢岩の岩肌は、黒くなってると思ってたが、白い部分が多い。

2017-03-05_10-14-22.jpg
先週はリッジ向こう側の斜面を登ったが、今日はこちら側から。今日もMRCCのK氏と。

2017-03-05_11-27-06.jpg
斜度がきつくなった所でアンザイレン。

2017-03-05_11-27-18.jpg
耳岩の左側面を抜けたい所だが止めて、1ピッチ下まで懸垂下降。

2017-03-05_12-36-18.jpg
左斜上している雪壁を登りながら、耳岩を左側面から撮る。右奥は東壁。

2017-03-05_13-07-20.jpg
稜線手前の斜面に出てから、A沢を下降して下山。



雪崩れの危険が少ない時を見計らい、西壁側の概要をもう少し把握する予定。


<< 市街地の日中気温はプラス圏 | ホーム | 中島 健朗氏の講演 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。