FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ12年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログサイト~2011.11.27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

市街地の日中気温はプラス圏

2017年3月12日(日)

オロフレ山も陽が差せば春山になり、曇りで風があれば冬山という時期です。



2017-03-12_08-37-26.jpg
先週と比べ、さほど変わらない羅漢岩の景色。小刻みに雪が降っていた模様。

2017-03-12_09-48-32.jpg
B沢左股に入ると、先週には無かったデブリ。ここ1、2日前頃と思われる。

2017-03-12_09-53-40.jpg
中間部も大き目のデブリ。

2017-03-12_10-06-22.jpg
今日予定していた西壁側のルンゼが、雪崩の通り道になっていたので、条件の良い日に変更。

2017-03-12_10-23-34.jpg
耳岩

2017-03-12_10-33-34.jpg
B沢左股の抜け口の垂直部分に高さが無い。

2017-03-12_10-43-52.jpg
高いときは2、3mの壁になるが、今日は2、3歩上がると、ピッケルを稜線に刺せた。
抜けてから下降ルートのA沢に向おうと思ったが、羅漢岩出合まで重たいラッセルになりそうなので、下降もB沢左股。圧雪アイスバーンにならず、緩んだB沢左股は登攀の価値が無いと思う。


今日はアイゼンに付着したダンゴを落としながらの登下降だった。

<< 天気良過ぎ! | ホーム | 今日は羅漢岩耳岩の左側を >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム