プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ12年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログサイト~2011.11.27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖気でガッカリの来馬岳北東面沢ルンゼ

2017年4月16日(日)

先週オロフレに向う途中からの遠望で、来馬岳北東面沢のCルンゼの中間に黒いもの(岩)が見えたので、急速に雪解けが進んでいると思われ、MRCCのK氏とTarochanを誘って入る。


2017-04-16_04-54-38.jpg
固雪を期待して5時前に入山するも、来る途中外気温が8℃だったので期待出来ず。

2017-04-16_05-32-04.jpg
ズボズボ埋まりながら、ポンプ場まで30分。

2017-04-16_06-15-00.jpg
何度も埋まりながら、例年より時間が掛かって二股へ。

2017-04-16_07-23-02.jpg
Cルンゼ:デブリもふやけて軟らかくなっている。

2017-04-16_07-53-46.jpg
オロフレ方面から見えていた露出部。

2017-04-16_08-02-12.jpg
緊張感無しの登り。

2017-04-16_08-25-22.jpg
稜線に上がり、Dルンゼを下降してBルンゼへ。

2017-04-16_09-22-42.jpg
Bルンゼも深いキックステップで、ひたすら登るだけ。

2017-04-16_10-03-20.jpg
稜線に出て来馬岳頂上に向う。

2017-04-16_10-22-36.jpg
頂上に着き、10分くらいするとガスが切れ、青空が広がりだした。



来年は安易な期待をせずに、天気予報の気温に留意して入山しよう。


<< 1月15日以来のオロフレ山頂上 | ホーム | さて今日はどこを登るかな? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。