プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ12年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログサイト~2011.11.27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャラツナイ海岸

2017年4月30日(日)

今日はチャラツナイの岩場で、Tarochanとクライミングの訓練。
ハーネスを着けて岩登りをするのは30数年ぶりになる。


DSCF1836.jpg
前岩という初心者ルートを登ってみる。(昔は登る対象では無かったような?)
初めてクライミングシューズを履いて登ってみたが、馴染むにはもう少しかかりそう。

DSCF1846.jpg
次にBフェースを登ってみる。
あちこちにボルトやハーケンが有り、どこを登ったら良いのか戸惑ったが、自分なりのルートファインディングで1ピッチ。
ビレイを解いて、しっかりした支点からランニングビレイを回収しながら懸垂下降。

DSCF1840.jpg
CフェースとDフェースの間のルンゼを登り、裏の様子を確認してから下りる。



岩に掛けている手足の三点支持の内、二点目の岩が剥離したらアウトという感じだった。
ルンゼに積み重なった落石が、足元から何度もガラガラと崩れるのも、人が入ってないためと思われる。
鹿の通り道にでもなってくれればいいのだが居るわけもなし。。。

<< チャラツナイⅡ | ホーム | 1月15日以来のオロフレ山頂上 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。