FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ12年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログサイト~2011.11.27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

今冬初のオロフレ山頂上

2017年12月22日(金)

今週日曜日の天気予報が下り坂。
年内に一度頂上に行きたいと思ってたので今日とした。



2017-12-22_08-33-44.jpg
天気予報は終日晴れマーク。しかしオロフレ山周辺は曇が濃い。

2017-12-22_09-19-34.jpg
朝から気温が高め(入山時-3℃)で、先週より増えた分のラッセルが重たそう。

2017-12-22_10-13-24.jpg
稜線まで沢の中を行くと青空が見え出し、上から融け落ちる雪片が頭にバサバサと当たる。

2017-12-22_10-55-54.jpg
小岩峰を過ぎ、尾根沿いに行く。

2017-12-22_11-36-10.jpg
まだ雪原にならない1000mケルンまで、迷路の中を進む。

2017-12-22_12-04-30.jpg
1062Pから頂上稜線。暗い雲が周辺を覆ってるが、荒れる天気にはならない予定なので頂上へ。

2017-12-22_13-34-28.jpg
1062Pから頂上まで1時間30分掛かってしまった。頂上周辺だけが乾雪で、他は重たいワカンラッセルの稜線だった。

2017-12-22_15-05-40.jpg
冬至の今日、15時ころの山は既に夕暮れ。



登り4時間15分。下り1時間30分。気温-3℃前後。風無し。
汗ビッショリで減量効果抜群の一日だった。

<< 厳冬の羅漢岩 | ホーム | 久し振りに登別ルート >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム