プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ12年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログサイト~2011.11.27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳冬の羅漢岩

2018年1月7日(日)

今年もオロフレの羅漢岩に向うことになります。



2018-01-07_09-26-12.jpg
出合から見る羅漢岩は、壁に雪が張り付いている。

2018-01-07_09-50-50-A.jpg
膝上ラッセルで前岩へ。左側から巻いて耳岩右側ルートへ。

2018-01-07_11-07-28.jpg
斜度がきつくなった所からルンゼめがけて耳岩基部まで1ピッチ30m。

2018-01-07_11-20-38.jpg
1本だけ雪面から出ている潅木にビレー点を取り、60mロープでループを作り直上。

2018-01-07_11-34-28.jpg
ルンゼの中は、掘って露出した草付きに、ピッケルが利く。

2018-01-07_11-53-44.jpg
耳岩隣りのピナクルに残置してるロープでビレー。

2018-01-07_11-52-54.jpg
今日の予定はここから上のルート確認と試登。

2018-01-07_11-53-22.jpg
しかしロープ回収のため引っ張るが、半分でビクともせず。

2018-01-07_12-09-08.jpg
天気予報は午後から晴れマークだが、オロフレでは回復しそうもないので、撤退下降。

2018-01-07_12-13-06.jpg
下りて見ると、末端から2mの所で結び目が出来ていた。回収でロープを外したとき気が付かなかった?。
カラビナの向きが逆だったら抜けていたかも知れない・・・。



こちらの地方、市街地の道路に雪が無く夏道状態。路肩と脇道に少しあるだけの年明けとなっている。
さて来週以降のオロフレはどんな天気になるだろか?曇り、無風、気温-10℃くらいが理想なのだが・・・

<< 羅漢岩をウロウロ | ホーム | 今冬初のオロフレ山頂上 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。