FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ12年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログサイト~2011.11.27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

羅漢岩耳岩リッジ(雪崩事故)

2018年3月18日(日)

3月1日から雪崩危険で通行止めだったオロフレ峠が3月16日に開通。
春の大雨後の先週の来馬岳は、ゲレンデ上部と8合目~頂上はアイスバーン状態だったが、今日のオロフレ羅漢岩はどんなものか?


2018-03-18_09-39-40B.jpg
12月にC沢と耳岩リッジの下部左を終了したが、耳岩の上部は未踏であり今日の目的となった。

2018-03-18_09-50-52.jpg
TarochanとMRCCのK氏が同行。
ただ3人だと時間的に押すと思われるので、Tarochanと2人で組む。

2018-03-18_10-47-10a.jpg
正式ルートにした耳岩下部の左側の岩場を省略し、前岩の頭から耳岩に向けて上部の斜面を直上。

IMG_1035 (1)
雪壁60mいっぱいからから10mのルンゼに入り耳岩基部へ。【Tarochan撮影】

IMG_1046.jpg
耳岩からハイ松を乗り越え、小岩塔の右側を廻り込む。【Tarochan撮影】

2018-03-18_12-44-32.jpg
両側がスッパリ切れ落ちた20cm幅のリッジに乗っかりながら小さなフェース。

2018-03-18_12-37-34a.jpg
B沢の下部で滑落停止訓練などをして遊んでいるK氏。

2018-03-18_13-06-06.jpg
コケと岩の混じったフェース。

IMG_1064.jpg
安定した尾根に出て、A沢を左に見ながら稜線に。【Tarochan撮影】

2018-03-18_13-23-18.jpg
終了13時25分。


下降ルートのA沢を下る。
一番狭まった所を過ぎ、一番急な所をクライムダウンで下降した瞬間、バン!!という乾いた音と幾何学的に割れた雪面と共に身体が落ちてゆく。上に出なければと言い聞かせ、もがこうとするが自由が利かず視界も真っ白。ガツンと立木にぶつかった瞬間、肋骨が思い切り凹み圧迫骨折を覚悟(大昔墜落で痛さを1ヶ月経験)。次に左足首がガツン!(バキッ!と聴こえた気が)。さらにもう一度左足首がガツン!。流されながら左足首がぶらぶらしてるのが分かる。150mほど流され、立木に3回ぶつかったが、運よくデブリの末端付近で止まったので頭、両手、両足を動かして確認。やはり左足首はぶらぶら。その他は正常。そして上部を見ると立っているTarochanが居た。大声で叫び下りてもらう。数メートル上を後続していたTarochanも2次の雪崩に流されたとのこと。左足の状態を説明し、持参したスノーバー2本(50、60cm)を添え木代わりに当て、予備のロープ10m/6mmでぐるぐる巻きにして足首を固定する。B沢にいるK氏を大声で呼ぶが伝わらないため電話を掛けて来てもらう。時刻は14時過ぎ。17時のゲート閉鎖まで時間があるので自力で下山とする。

IMG_1066.jpg
【Tarochan撮影】

IMG_1067 (2)
トンネル上の出合まで80mを確保してもらいながら尻で少しずつ下る。【Tarochan撮影】

IMG_1069.jpg
トンネル覆道の上200mを、平らな所は2人の肩を借りケンケン。トラバース部分は両膝で這って行き、最後にザイルを使って車道に下ろしてもらう。【Tarochan撮影】


09:40 羅漢岩出合
13:25 登攀終了
13:35 雪崩発生
13:50 K氏と合流
15:45 車道(覆道入口)
カルルス温泉駐車場からは緊急外来を予約した病院まで自分の車を運転して行った。
(病名:左足関節三果骨折)(肋骨は意外に軽く10日くらいで痛みが取れた)


2009年4月以降、A沢を何度も登下降しているが、デブリを見たことは無かった。最初の頃は沢の壁際をルートに取っていたが、いつからか平気でど真ん中を取るようになっていた。そして今回は例年にない春の大雨後にアイスバーンとなり、その上に10~20cmの積雪が圧雪になり、2層になっていたと思われる。
滑落、墜落、ビバークなど一通りのことは実体験をしてきたが、雪崩だけは未経験だった。
よく考えれば耳岩までの右側斜面が雪崩なかったのが今思うと不思議だ。


外泊許可が出たので自宅からブログを更新。

<< 退院して10日 | ホーム | タイトルなし >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


羅漢岩 耳岩リッジと雪崩    2018.03.18

この日はオロフレonlyさんに同行させて頂き羅漢岩でクライミング 詳細はオロフレonlyさんのブログでどうぞ。 プロフィールにも記載してるように高いところは基本苦手です。 ビレイヤーしてる最中は本気で同行したことに後悔します...何で調子乗ってまたこんなところに来ちゃったのか自問自答... 本当に俺はアホだな...オロフレさん戻って来ないかな... と、めちゃめちゃ...


 ホーム