FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ12年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

冬期オロフレ山の始まり

2018年11月18日(日)

昨日、市街地から見た限り、オロフレ山は白くなかったので、夏靴と準冬山装備で展望台ゲートへ向う。


2018-11-18_06-24-08.jpg
展望台ゲートに来てみれば、気温-2℃で道路もツルツルだった。この時期必ずこういうことになるので、冬山の装備は積んである。滑りにくい冬靴に履き替え、服装も冬っぽくして入る。

2018-11-18_06-41-56.jpg
昨日の単独者の足跡が凍ったまま残っている。登山道に入ればこれが滑る元になるので、特に下山時気をつけなければ。

2018-11-18_07-06-48.jpg
展望台(登山口)はスケートリンク。(帰りは日が差したのでほとんど融けていた。

2018-11-18_07-37-06.jpg
頂上稜線も思ったより積もっていない。

2018-11-18_08-56-42.jpg
冬らしい頂上だったが、下山に入り15分もすると雲は取れていた。

2018-11-18_11-18-40.jpg
羅漢岩稜線で2人組と行き交ったが、道路で出会った1人と4人は服装からみて展望台までのハイキングと思われる。



今日は中途半端な雪に凍った足跡が付いた登山道の登り下りでかなり神経を使った。

オロフレ峠は今週22日(木)から夜間規制に入ります。

<< 展望台散歩 | ホーム | 冬一歩手前 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム