FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

12月1日以来の頂上  1月14日(月)気温-9℃→-7℃

今日の天気予報は午前晴れ、午後曇りで気温は一昨日より上がりそうです。

車を走らせている途中から見えるオロフレ山は、薄い雲が頂上を撫でている程度です。




DSCF0049.JPG登別ルート出合から15分ほど入った斜面です。

一昨日のスノーシューの跡が「象の足」状態で残っていました。

平らに見えますが画像の通り、ハの字でないと登れない程度の斜度はあります。

クラストは一部分だけで稜線までのラッセルが深いです。










デジカメのファインダーを覗くと、ゴミ状の物が見えるのでレンズを拭いたら一層悪くなったため携帯に変更です。



小岩峰手前の夏道との分岐です。

オロフレ山の頂上には相変わらず雲が流れ、左奥のニセコ方面からは灰色の雲が湧いて来ています。

頂上に着く頃には雲の中かなと予想します。

小岩峰の右の肩から尾根に上がります。









一昨日、右手の斜面トラバースで亀裂が走ったこともあり、安全を期して尾根を行きます。

1062ピークがスッキリ見えます。














DSCF0049.JPG1062ピークに着く頃には視界が悪くなってしまいました。

ピークから頂上稜線は見えません。

現在、11時15分なので一昨日より30分早く着きました。

いつもの事ですが頂上に向かう前に、休憩(行動食)を風の弱い場所で取ります。











DSCF0049.JPG稜線中間の三角鉄板岩です。

ここまでの尾根はあまりクラストしておらず深いラッセルでした。



















DSCF0049.JPG頂上です。

1.3mのパイプが30cm残して埋まっているので積雪は1mです。

当然、右前方に有る頂上看板は雪の下です。(12月2日にリンク)

視界は無いのですが稜線の登りに入ると風が止まりました。

なによりで、無風の-20℃より強風のー5℃のほうがつらいものです。








入山9時15分、下山14時23分です。

厳冬期のオロフレ山は時間帯通行規制があるため、単独日帰りで頂上を踏めるのは好条件の登別ルートだけかも知れません。

私が好きな羅漢岩を見ながら登れる壮瞥ルートは、頂上を目的とした場合、終日、好天が確約された時しか入れません。

来週以降も無理しないで入山です。


<< 順調に頂上へ  1月19日(土)気温-13℃→-9℃   | ホーム | 2008年の初登山 1月12日(土) 気温-13℃→-12℃ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム