FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

順調に頂上へ  1月19日(土)気温-13℃→-9℃  

朝起きると雲ひとつ無い快晴ですが、天気予報は晴れ、曇り、雪のマークが並んでいます。

あまり期待しないで家を出ました。




裏道をカルルス方面に走り、振り返るとカムイヌプリ・室蘭岳がくっきり見えます。

カムイは昨年8月18日に久し振りに登りましたが、室蘭岳には4年近く行っていない気がします。











DSCF0049.JPG登別ルート出合から入り尾根に抜けた所です。

ここまではクラスト部分が少なく、新雪の上を緩斜面直登のラッセル、急斜面ではジグを切って登ります。

帰路、このルートの下りではスノーシューの歯が利かないまま、半グリセードで滑り降りたりしました。











DSCF0049.JPG小岩峰の左に羊蹄山と尻別岳が見えます。

しかし、その奥のほうに灰色の雲が流れていますので、それらがオロフレ山に掛かってくるのが何時頃かなとも考えます。















小岩峰から尾根筋を通り、斜面をトラバースしてケルン台地を過ぎ、1062ピークに向けて少し登った所から撮りました。

右のほうから雲が流れてきているのでスッキリ撮れるのは今だけのようです。











DSCF0049.JPG1062ピークの肩で休憩後、頂上に向かいます。

天気はコロコロ変わり、時折の風が頬を刺します。

























DSCF0049.JPG小岩峰辺りから今朝の物と思える鹿の足跡が、稜線に入っても顕著に続いています。

稜線の登りは固そうな部分を探しながらのラッセルですが、今日は鹿さんのトレースを辿って登ります。

足跡は一部を除いて私の思惑と同じルートを取っていました。

人間も動物も自然の中で考え、取る行動は同じという事でしょうかね。








DSCF0049.JPG三角鉄板岩を下から撮影。

この後、偽ピーク三つを超え頂上へ向かいます。



















DSCF0049.JPG三角鉄板岩から頂上までの30分で視界は無くなりました。

積雪量は1月14日と変わりありません。

パイプにベルグラが張り付いていないので、風もそうでもなかったようです。














今日は入山9時10分、下山14時です。

オロフレ山の天気は午後から下り坂になる傾向が多いので、壮瞥ルートに入れるチャンスがいつ頃になるか分かりません。

昨年は2月25日ですから慌てずに待つことになりそうです。


<< ラッセル覚悟で  1月27日(日)気温-10℃→-8℃ | ホーム | 12月1日以来の頂上  1月14日(月)気温-9℃→-7℃ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム