FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ14年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

一気に春模様  3月22日(土)気温+5℃

今週は全道的に気温が上昇して一気に春の陽射しになってきました。

2週間前は入山時の気温-5度で冬季の雰囲気がありましたが、今日は+5度と極端な暖気模様です。

昨年の今頃、2007年3月18日は寒波と暖気により、積丹岳で雪崩遭難(表層)があり、オロフレでもアイゼンが必要なくらいでした。

例年だと3月~4月に大雪の一度や二度あるのですが気配すら感じられません。




カルルス温泉入口からオロフレ山と羅漢岩の眺望です。

カルルスには6軒の旅館があり、昔から根強い人気がある湯治場です。

オロフレ山から下山後、必ずここで入浴して帰宅します。









DSCF0049.JPG出合の沢から30分ほど登り、尾根に上がるとスノーモービルの往復した跡がありました。

傾斜がきつくなり、潅木が混む辺りで引き返していましたがここは許可区域なのかな?















DSCF0049.JPG頂上の登りに入る前に1062ピークでいつものように行動食を取ります。

基本的に昼食=行動食という形なので簡単なビスケット類が多いです。

オロフレ山はタコ足のような木が多く腰掛けるのに便利です。












頂上稜線中間部の三角鉄板岩から見た小規模なデブリです。

草付き斜面から崩れ落ちたブロックですが、登りの途中、横から見たところでは高さは1mに満たないものでした。

この斜面は登山ルートではなく登山者には問題ありませんが、バックカントリー愛好者が入る場合、冬季の表層雪崩、残雪期の底雪崩には注意が必要と思います。






DSCF0049.JPG最近、入山した登山者が積雪量を測るために穴を掘ったようです。

頂上の積雪は二週間前より10cm減少している程度でほとんど変わりません。

そのため頂上看板もまだ露出しておらず、どこにあるか見当たりません。

このパイプは130cmなので現在の積雪は80cmです。









厳冬期ではお目にかかれない遠望。








函館方面の渡島半島と駒が岳space.gif洞爺湖と有珠山space.gifニセコ山系と羊蹄山space.gif中間の白い線は日高山脈



DSCF0049.JPG今日はスノーシューを履いていないので何ヶ所かシリセードで下ります。

70mくらいの急斜面を左脇に抱えたピッケルで制動を掛けながら一気に。
















帰路、振り返って眺めましたが頂上稜線は春山そのものでした。















今日はツボ足で登りましたが、1003ピークから片足がズボッと埋まる部分が多く消耗させられました。

もう少しクラストしていると思ったのですが読みを間違えました。

クラストしていた場所も帰りは膝ぐらい埋まるのでスノーシューがあればと後悔。


頂上以外の融雪が例年以上に、かなりの早さで進んでいるオロフレ山でした。



<< 羅漢岩ルート偵察  3月23日(日) | ホーム | ニックネーム変更のお知らせ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム