FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

晴天の春が続きます  4月6日(日)


今日は天気予報で快晴が約束された日曜日になりました。

「今日も雪焼けで顔が真っ黒になるなあ~」と思いながら壮瞥ルートに向かいます。




カルルスゲートから見ると、羅漢岩が屏風になってオロフレ山を守っているようです。

赤↓が先週入ったB沢右股左股です。

羅漢岩稜線に抜ける最短ルート(時間・距離)になると思います。









30分ほど登った尾根からの頂上稜線です。

登別(幌別)方面から見ると見事な三角錐ですが、壮瞥方面からは見栄えはせず、ただの尾根にしか見えません。











頂上のパイプ露出が60cmなので、積雪は先週より10cm減の70cmです。(ピッケル長さは70cm)

大曲ルートから入山した方が休憩しています。

小岩峰付近で頂上稜線の下部を登っているのを確認済みでした。

ケルン台地手前でツボ足のトレースと合流しましたが、私はスノーシューで平行して登って行きます。

頂上稜線下部で、ツボ足が深くはまっていないのを見極め、トレースを借りて楽して登ります。

トレースのお礼を言い、15分ほど会話をしてから下山します。



画像はC沢と東壁です。

帰路は天気も良いので、羅漢岩の状況を何ヶ所か、覗き込みながら行きます。

正面のC沢の抜け口は、オーバーハングの雪庇ともろい岩壁で、ザイル(ロープ)が必要です。

フツフツと沸き起こる登攀意欲を「若くないんだよ!」と押し留め下山します。







DSCF0049.JPG出合まで後5分ほどの所で振り返りカシャです。





















3月に入ってから入山者が多くなってきました。

直接出会ったのは今シーズン二人目でしたが、平日に入山している人もいるみたいです。

さて来週、頂上の残雪は何センチになっているかな?


<< オロフレ山らしい、最後の冬模様  4月12日(土) | ホーム | 羅漢岩B沢左股ルート  3月29日 (土) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム