FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今シーズン最後の冬季ルートかな?  4月26日(土)


登別・壮瞥間の夜間通行止めは今晩から解除になります。

明日以降、早朝から山に入れますが、日曜日の天気は雨マークなので、本日、いつものようにカルルスゲートに9時着です。

冬季ルートの登別側は先週でCLOSE。
壮瞥側にルートを取ります。




ルート出合から、ここ1003ピークまではしっかりと雪が締まっていました。

沢状を埋まる事も無く、キックステップを交え快適な登りです。

ただ、笹薮と潅木が登路を遮るところも出てきています。

展望台駐車場からゲートまでの車道に残雪が多く見られます。

来週、壮瞥ルートの残雪状況によって、2.5kmの車道を歩く、夏道ルートに入る可能性も有ります。



頂上尾根は、黒い部分のほうが多くなり、羅漢岩稜線の夏道も先週に比べはっきりと地肌が現われてきました。




DSCF0049.JPG頂上尾根下部のガレの道に、猩々袴のつぼみがぶら下がるように張り付いていました。

今年初めてのオロフレの花ですが、冬季間の苦節を物語っているような葉っぱです。















DSCF0049.JPG頂上直近からです。





















頂上は積雪ゼロですが、笹薮の裏にはまだまだ残雪がドンとあります。

風が強く寒いのですぐに下り、三角鉄板岩で昼食です。

下から2人組と6人組が1062ピークコルの雪面に見えました。

下山途中で挨拶を交わしますが、皆さん中高年です。

ほとんど私のトレース通り登って来ており、下山後見ると、壮瞥側の駐車場に3台の車がありました。




壮瞥ルートの状況は、

出合から1003ピークまでは残雪の上を快適に。
羅漢岩稜線は地肌の出た夏道、雪稜、少し気を使う斜面のトラバース。
小岩峰からの尾根は使用できないので、夏道の上に積った雪斜面のトラバース。
ケルン台地は雪面歩きから地肌の出た夏道。
1062ピークの捲き道は潅木を避けながらの雪面トラバース。
頂上尾根の下部は雪面のコル終了後、夏道と同じ急斜度の岩場。
三角鉄板岩から頂上までは夏道と雪面の繰り返し。



昨年は5月20日が壮瞥ルート最後の日でした。

来週、無理して入山できても、約3週間早く冬季ルート終了になります。

ウーン・・・逆だったらいいのにな・・と、思いながらの日記書き込みでした。



<< 昨年12/22以来の夏道ルート  5月3日(土) | ホーム | 残雪のオロフレ山  4月19日(土) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム