FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

オロフレ山と来馬岳とシラネアオイ  5月10日(土)


この2~3日は気温が低く、道内では雪が降った所もありました。

低温であればそれだけ、残雪の上を歩きやすいことにもなります。

道内の山の雪渓に入る、登山者にとっては快適な週末と思います。


入山時点で気温は-3度です。




先週とほぼ同じ場所です。

一週間で、60cmの雪が無くなっていました。

5月の融雪は一気です。












しかし、日陰の場所ではしっかりと残雪が。

奥のほうの高い所で1m以上はあります。














DSCF0049.JPG霜で凍りついたショウジョウバカマ(猩々袴)が、あちこちで見られます。



















今日は洞爺湖がきれいに見えます。



















DSCF0049.JPG時間も早いので来馬岳に入り、登山道であるゲレンデを行きます。

夏は草ボウボウで、朝方はズボンが濡れることも多いコースです。















DSCF0049.JPG残雪の馬の背を過ぎたここだけに、シラネアオイ(白根葵)が咲いていました。

気温が低いためか花びらは閉じたままです。

オロフレ山より早い開花になります。













DSCF0049.JPG7合目からは残雪が多くあります。

登山道は右手に露出したり、残雪と交じり合ったりして伸びています。

一週間前なら、ブッシュで切られる事無く、残雪の上を直登し、下山は結構長いグリセードが出来たかなと思います。





















オロフレ羅漢岩の雪渓(ちょっと大袈裟)も、だんだんと消えていきます。

3月29日に登った羅漢岩B沢左股ルートは、Y字に見える左手になります。












今日はオロフレ下山中、出会った3組みんなに「シラネアオイは咲いていますか!」と聞かれました。

札幌方面が咲いているので、オロフレ山はもう散っているかと思って来たそうです。

札幌より南に位置する山なので、そう思うのかも知れません。

先週と同じく猩々袴以外、他の高山植物はまだ一輪として見られません。


昨年は植物に無関心で、今年はブログのせいか気にしていますが、今のところ即答できる花の名は、ショウジョウバカマとシラネアオイだけです。



<< 今日から春・夏モード  5月17日(土) | ホーム | 梅と桜を見に洞爺湖へ  5月6日(火) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム