FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今日から春・夏モード  5月17日(土)

ここ10日ほど低温が続いていましたが、昨日からようやく暖かくなってきました。

今日も朝早くオロフレに向かいます。

5時に家を出て30分後には展望台入口ゲート着です。



DSCF0049.JPG先週の画像2枚目と同じ場所からです。

低温と日陰がためか、残雪量はほとんど変わっていません。

同じ道路区間でも、一週間で60cm減るところもあるわけで、不思議な感じがします。

ただ、これからは例年並の気温に戻り、雨も降るようなので融雪は一気と思います。










頂上からの来馬岳北東面の沢(ルンゼ)です。

オロフレ山はルートが南西面なので雪解けが早く、対面している来馬の北東面は遅くなります。

7本ほどのルンゼに雪渓が見えますが、スッキリ一筋で伸びているのは無いようです。

来年はオロフレを早めに切り上げ、直登できるルンゼを何本か登る予定です。

2万5千分の1を見ると毛虫の記号(岩場)が一ヶ所だけなので危険は少ないと思います。





下山途中、登山道から少しそれた岩場に咲いていました。(危険は全く無い所)
名前を米葉栂桜(コメバツガザクラ)と言い、分布 北海道、本州(中部地方以北) 生育地 高山の岩場とのこと。

その他、登山道の脇にはショウジョウバカマ以外、5枚の花びらを持つ小さな花が集団で咲いていました。写真を撮りましたが失敗。

自宅の小さな花壇に18種類の花が咲いていますが、名前を知っているのはチューリップと水仙だけ。

コメバツガザクラの名は多分忘れるでしょう・・・・・


          私のピンボケ                      WEBから借用



DSCF0049.JPG下山すると、車が10台止まっていました。(8台が札幌ナンバー)

下山途中に単独、二人組、そしてゲート近くで三脚を持った中高年男女10人組に出会いました。

まだ高山植物の影も無いので、ガッカリされた事と思います。














オロフレ下山後、来馬岳の麓に山菜採りに。

ウドはちょっと早く、多くが5cm程の丈しかなく、天ぷら用に少し。

気温が上がれば直ぐに大きくなるので、来週辺りが最後かな~。

山菜も草木と同じで名前も良く判らず、採るのはウドとタケノコ(根曲がり竹)のみで年2~3回。


先週、冬靴に防水スプレー、ピッケルにアマニユを染み込ませ収納。

今日から本格的に無雪期モードです。


<< オロフレ山はそろそろ人と花の季節  5月24日(土) | ホーム | オロフレ山と来馬岳とシラネアオイ  5月10日(土) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム