FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

爽やか来馬岳  6月29日(日)


朝起きると、自宅周辺はガスに包まれており、天気はあまり良くないのかな、と思いながらカルルスに向かいます。



DSCF0049.JPG札内高原付近から上は快晴模様。

下の方は、道南太平洋側特有のガスが湧いていただけでした。

朝の暖かい日を浴びた来馬岳がスッキリです。













DSCF0049.JPGいつもの頂上。

夏はやさしく柔和な山容のオロフレ山とホロホロ三山。


















この花は、カラマツソウ(エゾカラマツ「蝦夷唐松」)らしいです。

5合目から頂上までの道沿いに、2~3週間前から咲いています。











直径30cmくらいの葉っぱの下に、本当に最後のサンカヨウが咲いていました。

ちょっと触ったら、花びらが落ちてしまいましたが・・・。

実を付けたサンカヨウは目に付きやすく、登山道沿いに6ヶ所確認できました。








DSCF0049.JPG20分ほど下れば登山口ですが、天気も良く風も爽やかなので、リフト降り場にて休憩です。

中高年5人組が登ってきたので会話を少し交わします。

その後、ザックを枕にラジオを聴いているうち眠ってしまい、目が覚めると30分も経過していました。












来週はもう7月に入り、気温がグンと上がってくる季節です。

一週間分の運動不足を、汗をドーンとかいて補う、時期到来といったところです。

<< 夏、始まりの来馬岳 | ホーム | 霧雨にけむる来馬岳  6月22日(日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム